1.  TOP > 
  2. お知らせ > 
  3. 第1回全国大会、皆様ありがとうございました。

~ブルーメンシュタインピアノコンクール~

お知らせ

第1回全国大会、皆様ありがとうございました。

2017-02-24:お知らせ

第1回ブルーメンシュタインピアノコンクール全国大会、皆様のおかげで2月12日に無事終える事が出来ました。
コンクール直前、寒波の影響で交通機関の乱れを心配しておりましたが皆様無事に会場にお越しいただく事が出来たこと、まずは一安心でした。皆様本当にお疲れ様でした。
 
予選、全国大会と、モニター越しではありましたが、お一人お一人のコメントと演奏を照らし合わせながら、皆様の心のこもった演奏を聴かせていただきました。レベルに関係なくピアノへの熱い想い、学びたい、演奏したい、そういった想いが胸に届く演奏で、全国大会では控え室で1人モニターを観ながら何度も涙が溢れてきました。
 
最後の挨拶では様々な想いが込み上げ言葉にならず、下手くそな私の言葉に真剣に耳を傾け、まるで頑張れ!と言ってくれているようなあたたかい眼差しで見守ってくださる皆様を舞台の上から感じる事が出来、感謝の気持ちでいっぱいでした。
参加者の皆様からは思いがけない感謝や感激のメールをいただき、こんな素敵な皆様によって真っ白なこのコンクールに命が吹き込まれた事が夢のようで、嬉しくてなりません。
 
今回「あたたかい」という言葉をたくさんの方からいただきました。この「あたたかい」をブルーメンシュタインにもたらしたのは私1人の想いではなく、参加者の皆様、会場に聴きに来てくださった方々、そして立ち上げから相談に乗って下さりまたご指導下さった審査員の先生方のおかげだと思っています。
先生方は審査でお疲れにもかかわらず、撤収作業まで手伝って下さったり、慣れない作業に右往左往するスタッフたちにも本当にあたたかく接してくださり、偉ぶらず、また真剣に参加者の皆さんの演奏を聴いてくださり、心から楽しんで下さいました。
ピアニストして尊敬しているのはもちろんの事ですが、一個人として、友人のように相談出来たり、たくさん知らない世界を見せてくれたり、そういった関係を築いていける素晴らしいお人柄だと心から言えます。
そういった先生方がご協力下さったおかげでピリピリ緊張感だけではなく、あたたかい雰囲気のコンクールになったのではないかと思います。
また会場で聴いてくださった皆様もあたたかい拍手を送って下さりました。
決してたくさんの人が聴きに来ていた訳ではありませんが、はじめから終わりまで熱心に聴いて下さっている方もおり、参加者の皆様の演奏を心から楽しまれていました。そういった一人一人の気持ちがこのコンクールを作り上げてくれたのだと思います。
 
そしてこの度、コンクールを立ち上げるにあたり私には大きな3つの想いがありました。
当然これからもこの3つの想いがぶれることなく大切にしたい想いです。
 
この想いについて話すとまた長くなってしまいますので(笑)これから少しずつ皆様にお伝えしていきたいと思います。
 
まずは全国大会を無事終えられた事を、参加者の皆様含め、支えてくださった皆様に心から感謝いたします。
本当にありがとうございました。
そしてこれからも長く人々に愛されるコンクールと発展していく事を願います。
 
ブルーメンシュタインピアノ協会代表
秋山しのぶ
IMG_2432